https://media.entee.golf/golf/%e3%81%82%e3%81%aa%e3%81%9f%e3%81%af%e3%81%a9%e3%81%a3%e3%81%a1%ef%bc%9f%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%89%e6%b4%be%ef%bc%9f%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%bc%e6%b4%be%ef%bc%9f/

あなたはどっち?フェード派?ドロー派?

あなたはどっち?フェード派?ドロー派?

SHARE

フェードとドローとは?

経験者の方はお馴染みかと思うのですがフェードとドローは、

ボールの曲がり方に関する用語でフェードは、左から右へ曲がるボールのことを指し、ドローは、右から左へ曲がるボールのことを指します!(右利きの場合、レフティーは反対になります)

一般的にフェードは、スライスに比べると左から右へのカーブが緩やかで、ボールのキャリーが長くなり、一方、ドローは、ランがでるので飛距離が伸びるイメージです。

コントロールはフェードの方が有利、飛ばすならドローが有利ですが

コースによって打ち分けていくのが理想です!

ただ、僕は持ち球を極めて自信を持って打つことが大事だと思っていて、

(フェードが得意な人がドロー打てるかな?と不安になりながら打つよりか自信を持ってフェードで攻めた方が結果上手くいくということもあると思います!)

ただ、フェードとドローを織り交ぜながらラウンドすることで様々な状況に対応できるようになることは間違いないので、練習をしてみることには絶対価値があるので今回のコラムではフェードとドローの打ち方についてポイントをまとめていきます!

フェードの打ち方と原理

フェードとスライス

右に曲がるだけのボールはスライスといい、これに対しフェードボールは目標方向より左に打ち出した球が右に曲がってくるボールのことを指します!

このスライスもゴルファーを悩ませるところなので今後コラムにしていこうと思います!

フェードボールの打ち方

さっそくフェードの打ち方についてご説明していきます!

打ち方の必須条件は

1.打ち出したい方向にフェイスを向ける

2.若干アウトサイドインの軌道で振る

です!

まずはこの項目を実践した上で細かい部分についても触れていきます!

アドレス

フェードボールを打つためのボール位置

左足寄りに置くことによりスイング軌道がアウトサイドインの状態でもインパクトしやすくなりますのでボールの位置は通常よりもボール1個分ほど左足側に置きます!

アドレスの体重配分

体重配分は通常よりも若干左足に体重をかけるイメージで構えます!

フェードのスイング軌道

アウトサイドインでの振り方

方法①通常のスイングより左向きにアドレスを構える

インサイドインのスイングの方がスタンスの向きだけでアウトサイドインの軌道にするためにはかなり左を向く必要があるのであまりお勧めは出来ませんが、スイング軌道を変えなくても左を向くことで目標方向に対してはアウトインの軌道でインパクトすることが可能にはなります。

よく練習場等でこのようなアドレスを取られている方もお見かけしますのでまずは意識の中で向きの意識という面ではいいかもしれません。

方法②スイング軌道をアウトサイドインにする

アウトサイドインの軌道といってもスライスを打つような軌道ではなく、通常のスイング軌道よりも若干アウトにするだけなので最初の段階ではアウトサイドインの意識を強めにしていただいて練習して

もしシミュレーションゴルフ等で練習している方は数値を確認しながら若干アウトサイドイン程度の打ち方に調整してもらえたらと思います!

フェードのフォロー

若干のアウトサイドイン軌道でスイングしたら、

腰を切りながら左足の太もも側に手を振り下ろしていくイメージでフォローをとっていきます!

練習をはじめたばかりの頃は左足側が詰まると思いますので、振りやすくするために左足をオープンにしても大丈夫です!

フェード派のゴルファーの皆さんへ

ここまではフェードの基本的部分をお伝えしたので上級者用としてパワーフェードの打ち方をお伝えします!

フェードは、スピン量が増えて距離が落ちやすく飛ばないと思われがちですが、アタックアングルとダイナミックロフトを上手くコントロールするとそこまで飛距離は変わらないです。

むしろ、フォロー時はパワーフェードの方が飛ぶ可能性があります。前記のボールを左足よりに置いて体重配分を若干左足に体重をかけるイメージと書きましたが、いつもと変わらぬ体重配分で打ってみてください。

ボールを左足寄りに置いたことにより、アッパーが強くなりスピン量の少ないフェードが打てるはずです。ただ注意点は、アッパーが強くなると捕まりやすくなるところです。

練習時、しっかりフェイス面を意識して返さないようにする意識をしましょう!!

ドローの打ち方と原理

ドローとフック

左に曲がるだけのボールはフックといい、これに対しドローは目標方向より右に打ち出した球が左に戻ってくるボールのことを指します!

ドローボールの打ち方

さっそくドローの打ち方についてご説明していきます!

打ち方の必須条件は

1.打ち出したい方向にフェイスを向ける

2.若干インサイドアウトの軌道で振る

です!

まずはこの項目を実践した上で細かい部分についても触れていきます!

アドレス

フェードボールを打つためのボール位置

右足寄りに置くことによりスイング軌道がインサイドアウトの状態でもインパクトしやすくなりますのでボールの位置は通常よりもボール1個分ほど右足側に置きます!

アドレスの体重配分

体重配分は通常よりも若干右足に体重をかけるイメージで構えます!

このことによりアッパーめの軌道になり、ボールに左回転が入ります。

ドローのスイング軌道

ドローを打つためには打ち出し方向を右、もしくは真っすぐにする必要があるのでフェイスがコースに対し右か真っすぐに向いてインパクトすることが必須条件になります。

フェイスのコントロールにおいて、クローズを意識しすぎてしまうとフックになってしまうのであまり意識しすぎる必要はありませんが、ますはボール位置と体重配分、インサイドアウトの軌道のイメージを持って振っていく練習をしていくことをおすすめします!

インサイドアウトでの振り方

インサイドアウトの軌道といっても通常のスイング軌道よりも若干インサイドアウトを意識するイメージで練習しましょう。

基本的には、ドローを打つ場合ストレート~若干のインサイドアウトの軌道になります。

また、切り返しの時は頭を残すイメージにすると正確なドローが打ちやすいです。

ドローのダウンスイング

身体を開かないようにするためインパクト時まで視線を右側に向けておくイメージで打ちます。

これは身体が開くとスライスしてしまい、右に曲がったボールがそのままかえって来なくなってしまうのでそれを防ぐためです!

ドローのフォロー

若干のインサイドアウトの軌道でスイングしたら、

クラブを放り投げるイメージでフォローをとっていきます!

ドロー派のゴルファーの皆さんへ

ドローボールが飛距離アップする理由を書いていこうと思います。

ドローが飛距離がでる理由

①低スピンでランが出る!

②捕まえる動きによりヘッドスピードが上がる

③インパクト後も当たり負けしない

④アッパー気味に打つためインパクトロフトが立ちやすい

⑤擦るような打ち方でなくボールをしっかりと押していく打ち方なので力の伝達が大きくなりやすい

上記のような理由が大きいです。

きっと僕のコラムを読んでくださっている方は飛距離に興味を持ってくれている方だと思うので、ぜひドローもたくさん使ってラウンドして欲しいです!

今後のコラム掲載も頑張っていきますのでぜひお読みいただけましたらうれしいです!

SHARE

竜宏 豊田

エンター豊田

ドラコン日本最長記録保持者 大会記録は脅威の479y ドラコンのプロ LDJ契約選手 1988/4/12 生まれの35歳 184cm 110kgの恵まれた体格を活かし野球(投手)から飛ばしのゴルフドラコンに参入 初参加の大会から記録を残し 勢いは止まることなく日本一飛ばす男となる 水戸出身 プロ野球界にも多くの選手を輩出する水戸啓明高校野球部OB当時のバッテリーは広島カープの會澤選手 野球に打ち込んだ経験から 野球の要素も取り入れたゴルフのスタイルで数値から分析的にゴルフを読み解くレッスンは多くのリピーター層を誇る 公式LINEはこちら  https://lin.ee/lZB16S4

CATEGORY