https://media.entee.golf/golf/%e8%aa%8d%e5%ae%9a%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%8c%e8%aa%9e%e3%82%8b2023%e5%b9%b4mizuno%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3/

認定フィッターが語る2023年Mizunoアイアン

認定フィッターが語る2023年Mizunoアイアン

SHARE

秋口に差し掛かると様々なメーカー様から、来期の新作クラブについて発表がありますね!やはりゴルフといえば、ギア中毒になってしまう方も多いのではないでしょうか?Mizunoクラブといえば夏頃には新作クラブの発表や秋には発売されています。 発表があり次第、新作の特集をしたいのですが、一旦"待った!"です。

①MIZUNOアイアンとは

ミズノは、皆さんご存知の通りゴルフだけではなく、様々なスポーツでの大手メーカーです。
ゴルフクラブは、日本国内にある自社工場で製造されており、特にプレイヤーへの打感ににこだわったモデルや、フィッティング後に受注生産を行う、自身に合ったカスタムクラブが作ることができる特徴があります。
最近では、国内外のツアープレーヤーからも多く使用され、選手からも信頼のあるクラブです。
MIZUNOアイアンでは、MIZUNO PROモデルとJPXシリーズとで多彩なラインナップがありますが、23年モデルからMIZUNO PROモデルは無くなり、JPXシリーズにJPX tourと言ったプロモデルが追加されております。
(JPX923ツアー・JPX923フォージド・JPX923ホットメタル・JPX923ホットメタルHL・JPX923ホットメタルプロ)
(ミズノプロ221・ミズノプロ223・ミズノプロ225)
ミズノアイアンと聞くと難しいイメージのあるアイアンですが今季のJPXモデルでは、ヘッドサイズが大きくつかまりの良い、手に取りやすい種類もあります。

今回は23年発売されたJPXアイアン3種類の特徴と、実際に打った感想も交えながら紹介していきます。

②JPXアイアンの紹介

JPX 923 TOUR アイアン

商品説明
薄いトップエッジながら心地よい打感を。
JPXシリーズで初めて銅下メッキを採用しているクラブです。銅下メッキの効果で、打感がやわらかくなり、フェース面でのボールの接触時間が通常より長く感じられることが特徴です。
JPX921TOURよりもバウンス角を増加しており、その分のソールトレーリングエッジ部のグラインドを増やし、丸みをつけることでソールの抜け(ふり抜きやすさ)を向上しています。

※試打データ

(コメント)
やはりプロモデルです。操作性の良さと打感の良さに惚れ惚れとしました。
打った後(インパクトから)フォローまでボールが食いついているような感覚が常にあります。
全体的にマッスルバック特有のミスショットに弱い印象はなく、薄い当たりのような感覚でも打感の良さから上手くボールを捕まえられたような感じがしました。
ある程度のスピンコントロールや操作性を求めるプレーヤーにはピンポイントのクラブです。

データを見るとヘッドスピードに対して初速は出ています。以降のクラブに比べて、ロフトの角度が34度あるので、打ち出し角度が高くなり、スピン量も増えることから、多少の飛距離低下が見られますが8番を持っている感覚で考えれば落差はなく問題ありません。

裏を返せば、安定したスピンとボールの高さを得られるので、グリーンでボールを止めることや、サイドスピンなどのボールコントロールがしやすいということです。

No.ロフト角
(度)
ライ角
(度)
バウンス角
(度)
FP
(mm)
長さ
(インチ)
バランス
42460.033.438.25D2
52760.533.537.75
63061.043.637.25
73461.553.736.75
83862.063.836.25
94262.573.935.75
PW4663.084.035.25D3
Dynamic Gold 120 スチールシャフトより算出/カスタムフッテイングの場合は、長さ・ライ角・ロフト角などオリジナルに変更可能です。

メーカサイト/引用元

JPX923フォージドアイアン

商品説明
高強度のクロムモリブデンを鍛造後、キャビティ部からソール部を掘削するマイクロスロット加工が進化したことにより、従来品より約15%薄くなったJPX鍛造アイアン史上最薄フェースを実現している。
高い反発性能と心地よい打感の両立をもとに強い直進性能の高い飛距離を追求したクラブです。

※試打データ

(コメント)
インパクト以降の球離れの速さに驚きます。打った瞬間のボールスピードが1、2番手上のクラブを持っていたかのような速さで飛び出し、強い直進性の感じられるクラブです。

ロフト角度も7番で30°あることから大きな飛距離をもたらす結果になり、jpx923tourと比較しても40.5という変わらないヘッドスピードに対して、ボールスピードが向上していることが分かります。

打ち出し角度やバックスピンは、ロフト角度が30度になるので、多少低くなりますが、安定した飛距離と左右のスピン量を気にせず、真っすぐ打ちやすいクラブだと感じられます。

No.ロフト角
(度)
ライ角
(度)
バウンス角
(度)
FP
(mm)
長さ
(インチ)
バランス
42160.022.838.25D2
52460.533.037.75
62761.043.237.25
73061.553.436.75
83462.063.636.25
93962.573.835.75
PW4463.084.035.25D3
Dynamic Gold 105 スチールシャフトより算出/カスタムフッテイングの場合は、長さ・ライ角・ロフト角などオリジナルに変更可能です。

メーカサイト/引用元

JPX923HOTMETAL

商品説明
溶接部を持たないシームレスカップフェース構造が、高初速エリア拡大と深低重心化の両方を確立している。
従来品よりもソールの薄肉エリアを約18%拡大することで、飛距離性能が向上しております。

※試打データ

(コメント)
構えた際にソールの大きさがあり、スポットが大きく見えるので安心感があります。
中空アイアンのミズノプロ225や歴代のアイアンと比較しても肉厚なヘッドの存在感は、ミスショットへの恐怖心を払拭してくれそうです。
ロフト角度が立っている分、打ち出し角度は多少低くなっており、ボールは上がらないのかと思っていましたが、JPX923フォージドと同じくらいの最高到達点となっていました。
商品説明文にもあるように、高初速エリア拡大=フォージドにも負けない安定したボール初速と深低重心化=低重心化によるボールの高さの実現と、両方を確立しているクラブです。

No.ロフト角
(度)
ライ角
(度)
バウンス角
(度)
FP
(mm)
長さ
(インチ)
バランス
52260.521.237.75C9
62561.031.537.25
728.561.541.836.75
83362.052.236.25
937.562.562.735.75
PW42.563.073.335.25D0
GW4863.094.335.00
SW5463.0134.735.00
22 MFUSION i カーボンシャフトより算出/カスタムフッテイングの場合は、長さ・ライ角・ロフト角などオリジナルに変更可能です。

メーカサイト/引用元

あとがき

今回は、923モデルのミズノアイアンを紹介させていただきました。

各クラブそれぞれに特徴があり、使い手の理想とする結果に期待が持てるアイアンでした。

マッスルバックと聞くと多くのゴルファーは、難しいと感じてしまいますがJPX923tourは、実際に薄い当たりをしても飛距離や方向性に大きなトラブルはなく、多くの選手が評価している理由の一つなのかもしれません。

ミズノアイアンは、オンラインサイトでも購入できますが、それぞれ個人に合ったカスタムフッテイングが一番の特徴でもあるので、気になった方は一度受けてみてはどうでしょうか?

他ブランド含め、来季の新作もリークされてくる季節なので楽しみですね。

また新作情報など入り次第、記事に取り上げていきたいと思います。

SHARE

貴大 緑川

緑川貴大(日本プロゴルフ協会・PGAティーチングプロ)

1998年7月生まれ、神奈川県出身。 学生時代は、原英莉花や鶴岡果恋など多くのプロを輩出している葉山ジュニアゴルフ育成会や青木功プロ主催の青木功ジュニアクラブに在籍をして技術を磨く。 駒澤大学在籍中にPGAライセンスを取得し、アマチュアから現役プロまで年間6,000件を超える幅広いレッスンを展開している。 現在は、プロゴルファーのレッスンだけでなく、プロキャディーや自身も大会に出場して、ゴルフにおける総合的なスキルを高めている。

CATEGORY